So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

シン・ゴジラ [cinema]

ご無沙汰をしておりました、すっかり...

生きてますよ笑

まぁ、ご無沙汰したのは映画見に行ってないっていう当然的理由もあるんですが、
昨今映画館で観た映画が
「アナ雪」「ベイマックス」「スートピア」....
ディズニーの回しもんかい!!って思えますね笑
書くまでもない安定感な作品だったので、書いてませんが(実際は書く暇なかっただけだけどね)

いや、しかしだよ、最近の映画事情も変わりましたね...
良くも悪くもね。
シネコンが増えて、楽になった、綺麗になった、それは確かに。
今回映画観たのは歌舞伎町のTOHOですけどね、
綺麗になって、若い子が増えた。
いつしか命名されているゴジラストリートはチェーン店が増えた...爆
でも、寂しいのね、あのミラノ座が閉館したのも、喫茶店スカラ座が閉店したのも。
1064席、58年の歴史に幕を下ろしたのは2014年の大晦日。
あの「誰が一番前で字幕読めんだよ!」と突っ込みたくなる日本最大の映画館。
好きでした。
とても好きでした。
汚かったのは否めないけど。笑

喫茶店スカラ座も好きでした。
入りにくすぎのベルサイユ調の店構えが。

変わっていくんですね、時代って。
そういう間なんだなと、まぁ、思うんですけどね。

ただね、どうなんだろね、
今や週末の映画館って、予約ないと観れないと、皆が言う。
まぁ、現に今回も予約してもらっていたんですけどね。
あれだ、ネット予約。

便利よね、確実に観れるっていう安心感は。魅力的よね。
でも、不便よね、映画って急に観たくなるじゃない。
ふと、観たくなるじゃない。

ネット、ネットな世界もね、仕方ないとは思いつつ、
でも、年配の方々でネット使わない方でも、観たいじゃない!
あのシステムはどうなんでしょうね。
先払いで、確実に売り上げ確保したい、そんな映画館側の意図をムンムンに感じるんだけどな...
やらしい、やらしいのよ!笑

オールドファッションですかね、あたし。
そうですね、そう思いますよ。
でも、思いつきで、お孫さんとか連れて映画に行って観れないって現実、嫌だなって思う。

いつか慣れるんでしょうけど、この進化に。
昔は映画館も立ち見で観てた世代には、なんともな、なんとも無機質な発展を、
少しばかりで寂しいのですよ...


って、前置き長〜笑

思い出したか?あたしのブログの前置きの長さをwwww


さて、行くか、本題行くか?

そう、ゴジラのついてる映画館で観たのは、
"シン・ゴジラ”
2015-12-10T14-06-58-91977.png

邦画は観ないんです、映画館で。基本は。
まぁ、今まで映画館で観た邦画って、ほぼアニメだけ。

今回、お誘い頂いて。
いいですね、お誘いって。映画も含め、全てにおいて。
自分が目を向けていないものに、目を向けるいい機会だなと。

そして、結果が想像以上だと、なおいいですね。

ゴジラシリーズ。
1954年公開の"ゴジラ"(そのままやーん!)に始まり、
今作で29作目。

あたしが観たゴジラ映画....一作目...
なんか、すいませんねぇ....

なので、他の同シリーズ作品と比較するのは無理なのですが、
勝手にイメージしていたゴジラ映画とは、全然違って、
非常に面白かった!

いや、笑った、笑った、あたしだけな...笑

しっぽり初デートしたかったはずの映画館中のお客様には申し訳ない。
申し訳ないが、笑いが、あたしの世とはずれた笑いが、
やめられない、止まらないー♪
状態でしたこと、心より謝罪いたします....

監督は庵野秀明。
新世紀エヴァンゲリオンですね、代表作。
えぇ、観てませんけどね...
あぁ、でも、今回この作品観て、きっと抜群に面白かったんだろうなと感じる。
感じるが、新世紀エヴァンゲリオンは観ないと思うが...すまぬ...

今作しか、彼の作品を知りませんので、好き勝手、感じたままに書きなぐるけど。

予算は低かったんだろうなと思います。
最初の数分で。
CGが素敵にぎこちない笑
最終テロップの名前の量で、まぁ、わかりますよね。

ただ、そのCGでも、許せちゃう内容でしたね。
むしろ、そこに、目線合わせたくての計算でしょうかね。
現に内容で言うなれば、ゴジラは単なるスパイス程度の代物でしたね。
面白みの本線はそこじゃない。

119分、映画にしては平均的な観やすい尺ですが、
若干後半戦、中だるみありかなって感じです。
眠気はないけど、カット割りが、顔、顔、ゴジラ、顔が多いので、
もうちょっと凝っても良かったんじゃなかろうかとは思います。

※以下、内容には触れませんが、若干のネタバレ的要素ありますので、読みたくない方はここまでで※

個人的に、大企業に勤めた人生ではないので、わかりかねるんですが、
多分ね、これサラリーマンには共感どころ満載なんでしょうね笑

映画を通して、政治や世の中の仕組みを皮肉に仕立て、
ただ、やっぱりね、人間性と頭脳が世の先を産み、
どん底から這い上がるは、人間の強さ。
って、とこですかね、要約しまくれば。

面倒ですよね、世の中の規則っていうのは、
暗黙であれ、道理を通した順序ってのは、
必要な上でも、なお面倒で。
それが世の中って、諦めを、人って覚えるもので。

政治のお話は得意じゃないので、その世界の住人でもないですし、
ただ、国って、まぁ、社会ですから、
会社っていう細分化された社会を上手く回すのでも、大変なのに、国全体を上手く回す大変さって、
想像を絶しますよね。

命のかかった判断をするのって、苦悩でしょうね。
その判断で、失う命があったなら、一生それに苛まれるんですかね?
それとも、それはそれだと、思えるんでしょうかね?

受けた傷は忘れない、それが生き物ですから。
でも、他人の傷をも感じることって、なかなかに難しくて。
人って楽に逃げるから、自分のことじゃなければ、いつしか風化するんでしょうね、傷ってものは。

地球の歴史なんて、戦いばかりで、
何かを得て、失って、
何も無くなって、また作り上げて。
その中に文明と知能の進歩はあれど、
本質なんて、変わらないものだと、思うんです。

ただ、強いですよね、本質って。
何も無くなりそうでも、抗う気持ちがある。
抗う気持ちから、生まれる未来がある。
今を生きるのは、10年後、100年後の未来を描いて、
良くなると、良くなっていきたいという気持ちの集まりが、社会を、国を作るんだろうなと。

人は一人では脆いもので、
一人で生き、一人で死ぬなら、その人生の朽ちた後には何も残らず。
誰かの手を借り、知恵を借り、守りたいものがある時に、初めて強くなるんだろう。
そして、何かを残していくだろう。

色々な意味を込めて、
今作は、非常に大人向けだなと。

今を生き抜く盛りの年代に、
何度も天災と人災を受けてなお、ちゃんと機能しているこの国を、
未来につなげていって欲しいと、
そう聞こえたんですけどね、あたしには。

面白い、その中に、なんか色々と投げつけてくる作品だなと思います。
大人の方は、そうね、観る価値あるんじゃないかな。

あとは、そうですね、
サバゲー好きと、オヤジ好き女史にはオススメですね笑

俳優軍、
今回は平均年齢高い!
高いよ〜!!

ほぼニュースや深夜番組をちょろっとかじるしかテレビ見ないあたしにでも、
見慣れたおじさま俳優勢が揃ってましたね。
演技は...そうね、若輩者が足を引っ張った傾向にありますが、
あの、年配の方の非常に聞き取りづらい話し方、素敵でした笑

主演:長谷川博己
初めて見ました笑
演技はなんかキメ顔多かった印象が残って、不自然さはあったけど、
一番不自然だったのは、あのスーツの形かな...笑
お堅い役だが、キメッキメすぎの竹野内のあのスーツの隣で、ダボったシルエットは、
なんかかわいそうでしたが。
明らかに背が高いのが画面から伝わったので、実際いたら、まぢで格好良い部類でしょうけど、
39歳には見えない童顔が、ちょっと役の重厚感喪失させてましたが、
監督の好みなんですかね...笑

竹野内豊
顔が好きです。
なので、満点です笑
すいません、色目入りまくりでw
こんな政治家いますか?って現実味なさすぎですが、
今作品の目の保養役、完璧です。
演技は二の次で良いです、存在がありなので!

石原さとみ
どーした..ドーシタンダヨ....
なぜだ....
見てて恥ずかしくなる演技力をお持ちですね...
本物の帰国子女でもっと適役いただろうに...
顔が松田聖子ですね、唇違和感です...
役者として、もっと努力すべきかと思いますがね...

高良健吾、大杉漣、柄本明、平泉成...まぁ、慣れてますよね、慣れてます笑

野村萬斎
ワロた、テロップで見て、「え?」って思ったら...
あなたでしたか、あなただったんですねー!笑
この配役、過去最高にウケた笑

映像はね、良いです、家で良いです、
が、話題のある今、観ることも大事かなと思うので、
今回は今、今観る方をお勧めします。
いやー、楽しかった♪

公式HP
http://www.shin-godzilla.jp/index.html
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

The counselor(悪の法則) [cinema]

銀座が好きです。
あたしの好きなものが多いから[ぴかぴか(新しい)]
映画館もその一つで。

今のご時世、とにかくシネコン化現象が進んでますが、
シネコンは...まぁ、便利。便利っちゃー便利。
新しいところが多いので、綺麗だし。

でも....好きじゃねぇ...[バッド(下向き矢印)]

特に新宿のピカデリーとか...好きじゃねぇ...[バッド(下向き矢印)][バッド(下向き矢印)]

好きなシネコン、いや、許せるシネコンは六本木くらいかのぉ...
あのへんうっかり人少ないから...笑

銀座の好きだった映画館が閉館しました。
”シネパトス”
67~68年にオープンした「銀座地球座」「銀座名画座」を、88年7月に改装オープンし、
45年という映画館でも長い歴史に2013年3月幕を下ろしました。

耐震云々で東京都から撤退要請があったらしいが、
まぁ、オリンピックのための一層整理に違いないだろうね。あの辺は...。

その位、場末感満載の素敵な映画館でした。
受付は常に結構年配で、映画館出たら当然のようにある喫煙所が哀愁漂って好きでした。
上映作品にあまりに偏りがあるところも、好きでした笑

残念です...あんな素敵な映画館がなくなっていくんですね....[もうやだ~(悲しい顔)]

マリオンも、いつの間にかTOHOに変わってましてね、
TOHOはオリジナルルール多すぎるって思うんだが、
とうとうチケットも紙ではなくなったのですね..

映画見るときは値段よりチケットの半券が好きで、大概チケットショップで買って行くんだけど。
(レディースデイでもうっかりチケット買っちゃうんだが)

今回も例に違わずチケットショップ行ったんだけど....

出て来たチケットが...紙じゃねえ!!

テレカのようなカードで(そもそもその表現が古いとか言わないで。笑)...
「TOHOはこのチケットになったんです」と店員に言われました...

てことは....TOHOルールか....爆

もう...こういうのが嫌いです、大手って....

まぁ、随分前置き長くなってしまったが....
今回見たのはこちら”The counselor(悪の法則)”
counselor.jpg

まぁね、CMで見てうーすーうーすー感じてはいましたが...
確実に俳優群の話題性だけでいっちゃってるんだろうなって....

そうですね、予感的中です。

自分でも怖いくらいに...予感的中です...

でも、予感してたので、そんなに落胆はしてないという奇跡、起こってます。笑

それより隣に明らかにわざと移動して来たおやじが
(そもそもあたしは予告開始して席をとり、その際店員が気を遣って、左右前後観客のいない席にしてくれたので、あたしの列はあたし一人だったはずだ!)
映画の途中で自慰行為を始めた事は想定外でしたが....

警察につき出すのも面倒で、とりあえず席移動して凌ぎましたがね....

そんな想定外いらないんっすけどね....[たらーっ(汗)]

余談多すぎですが、映画の話しましょうか。笑

なんだろね、手抜きにも程があるだろって呆れましたけどね、久々に。笑
加えて、最近流行の「行間読んで下さい作品」ですけど。
つまり、結構ぎりぎりまで映像と台詞端折って、あらすじ伝えよう手法の映画ですが。

まぁ、そこも雑。笑
御陰さまで最後の方の着地地点がぶれぶれ...

確実にいれなくていいのに、いれたよね、っていうサービスシーン(官能シーン)はありましたが、
そこ、端折れよって思います。笑

だから、映画館で勝手に盛り上がるオヤジが出てくんだよ....

誰だろうね、監督は。って思ったら、リドリー・スコットでした。
”グラディエーター””ハンニバル”作ってますが。
まぁ、これははずれ。
というか、こういう生ものの世界を描くには今年老い過ぎかと。76歳ですしね。
でも、人生の先駆者として残したい言葉をちりばめた。
その違和感、ぱねぇ。笑

内容は予告でわかるかと思うんですが、麻薬にまつわる人間の欲望と代償を描いた今作ですが。
自分でもビックリするくらい、上の一文が全てじゃねーかな、今作...笑

欲望の代償はある。
でも、代償を身に感じて、人は初めて後悔する。

欲はね、いいものだと思います。
持つべきものかと。
欲なくして人は成長しないと。
でも、そういう欲と、エゴの欲は違う。
美味しいだけの話って、ないって思った方がいい。

遊び程度に、かける欲ならいい。
でも、全てをかけて、欲に生きてはいけない。

こういうことは、学校では教えてくれませんけどね。笑

冒険はしていいと思うんです。
でもね、どんな冒険をしても、今自分にとって何が大事か、それを忘れてはいけない。

はしゃぐ夜があっていい。でも、自分が守るラインはわかっていないと。

永遠ですけどね、永遠の課題ですけどね、人類の。
欲って敵はね。

ただね、その答えも半端で、この映画...苦笑

伝えたい事と、シチュエーションがミスマッチング....

なんだろね、
食パンってさ〜、ハムはさんでも、ジャムでもいけるよね〜、
じゃさ、
ご飯にもさ、ジャムありじゃない?

いや...

そこは...

やっぱなしじゃね!?

例え美味しくてもなしじゃね!?

ってくらいミスマッチね...(何度も言いますが、ニュアンスが伝わればいいんです、この辺は)

そうですね、それでも、まぁ、2時間弱耐えられたのは、一概に俳優群のおかげでしょう。
上手いですね、相変わらず。
ハビエル・バルデム。
この人が主役だろうって思いますね。
毎作作品ごとに全く違う風貌で、まぁ、上手です。この人、英語も非常に上手ですね。
実生活で奥さんでもある共演者、ペネロペ・クルス。
この二人映像で全く接点ないんですが、接点あったらもっと面白かったのにって思います。
彼女の方が、まだ知名度高いですが、ハビエル・バルデムの方が役者としては格上ですよね。
まぁね、ペネロペ、くそ可愛いけどね....笑

キャメロン・ディアス。
なにを企んでるんでしょうね〜?笑
全くこの役はあってませんね...爆
でも、やっぱスタイルいいですね....化粧あってないけど笑

ブラッド・ピット。
かわいいおっさんになりましたね。笑
個人的に好きな訳ではないですが、顔は抜群に可愛いんですね、この人は。
今作脇役ですから、例えブラピファンでもDVDでいいんじゃねぇかな?って思うw

マイケル・ファスベンダー。
この人は”SHAME"のSEX依存症の役のイメージしかないんですが、あたしは....笑
"X-MEN"にも出てますね。
でも、なんか、泣くシーン得意なんですかね?笑
無難な配役でしたね、今作は。

まぁ、映画館いく必要は完全にないです。よほど暇か、猛烈に眠い時、いけばいいよ。笑

最後に豆知識ですが、"a counsellor"とは、法廷弁護士のことでっせ[グッド(上向き矢印)]

公式HP
http://www.foxmovies.jp/akuno-housoku/
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

To The Wonder(トゥ・ザ・ワンダー) [cinema]

映画を、大好きな映画を観る暇もないので、
最近先にチケットを購入して、
無理矢理観に行かなきゃって義務を自分に課してみている....

その作戦で、既に結局観に行けなかったチケットが今も財布に無意味に眠ってますが、何か?爆

もう、いっそしおりとして使った方が良いんですかね.....爆

観たい映画は結構ある。
でも、最近の対策は無意味に3Dやら、二時間超えてくる作品が多いので...

もう、気軽な気持ちで観に行けなくてねぇ....泣

なんで、頑張ってピンポイントで映画観るために必死にならなきゃいけねーんだよって憤る...

もう”観たい時に観る”じゃなく”ここで観る”みたいなのが嫌でねぇ....
それが基本テレビ観ない理由でもあるんだけど。

久々なので、なんとなく、心に沁みる作品が観たくて。
前回同様大好きな武蔵野館で、
”ツリー・オブ・ライフ”のテレンス・マリック監督作品最新作がやっていたので観に行きました。
そうです、”To The Wonder(トゥ・ザ・ワンダー)”
to_the_wonder_ver9.jpg

いやさ...
確かに今ね、ジョニデとかブラピとかの新作来てるけどさ、
カンヌで受賞して、しかも俳優群がベン・アフレック、オルガ・キュリレンコ、レイチェル・マクアダムス、ハビエル・バルデムときてるにも関わらずこの単館上映っぷり...

もう....七不思議に登録していいですか?苦笑

王道の映画も好きですけどね、
でも、今回はちょっと心に沁み入る一本として選んだんだけどね〜.....


いや、予想以上に痛かった......爆


あ、あたしにとってですよ!痛い映画って意味じゃないっす!!


もう、個人的に終始ボディブロー入っちゃってる感じ....

エンドロールであたしの心は虫の息でしたわ....爆


映画として言いますね。

大人の映画です。
子供が観て、10代、20代が観て共感出来る部分は少ないかもしれない。
そういう意味で、面白くないって判断になるかもしれない。

でも、大人になると、とてもよくわかる。
わかりすぎて、心が痛い....苦笑

テンポとしてはゆっくり単調です。
ただ、最低限の言葉で、時間軸の動きを完璧なまでに表現出来ているのは、感心する。
”ツリー・オブ・ライフ”同様、まぁ、聖書絡みまくりですが...
そうですね、そもそもテレンス・マリックはハーバードで哲学専攻、マサチューセッツで教鞭をとる程の人なので、
とっても哲学的な内容ですが、
”ツリー・オブ・ライフ”より、物語はあったので、わかりやすかったかと。

あたしは父がカトリックですので、幼稚園、小学校では聖書読まされてましたから、
(だって宗教の時間あったから...)
まぁ、そこそこ聖書の内容は知っているが、信者ではない。
この監督の作品は、とても多くの言葉が聖書から、キリストの精神から使われていて...

世界のキリスト教信者は実に20億を超え、世界最大宗教であり、
その理由がね、とてもわかる。
人間なんて、皆同じ。
状況が、環境が、色が、血が、違えども、念う心は同じだよ。
そこを、その心を突く言葉の数々を。
信者じゃないあたしでも、ただ素晴らしいと、思ってしまう。

今聖書を読んだら、あたし改宗するかもね笑

綺麗な映画です、映像も、言葉も。


”愛は寛容であり、愛は情け深い。また、ねたむことをしない。
愛は高ぶらない、誇らない、無作法をしない、自分の利益を求めない、いらだたない、恨みをいだかない。
不義を喜ばないで、真理を喜ぶ。
そして、すべてを忍び、すべてを信じ、すべてを望み、すべてを耐える。”

聖書からの抜粋です。

無理です。無理ですよ....笑

これが出来たら、もう神ですよ、あなた神ですよ.....

出来ませんよ、出来ません、

でもね、

頷いちゃうよね....苦笑


永遠とは...

存在しますかね?

心は...

永遠ですかね?


誰に教わる訳じゃない、
でも、恋を、愛を、するものです、人は。

その定義は、感覚は個々人で違えども、人は愛すものです。
愛と知らず、愛すのか、
愛と知って、愛すのか。

そこに永遠を求めてしまうものです。

永遠とは儚くて、希少で、困難で、

だから人は永遠を求めるんだろう。


でも、愛は形を変えるから。

時間が、積み重なる時間が、
全てを少しづつ変えて行く。

変わってないつもりで、
あたしも変わり、
あなたも変わり、
二人変わってしまったんだろう。

出逢ったあの頃に心馳せて、
あの頃に戻るために、
消え失せたときめきを追い求め、
今が違うと否定して、
夢を追い、夢破れ、

愛は終わるんだろう。

出逢いは頂点で、ときめきは頂点で、
過ごす時間の中で、得たものは確かにあって、
でも、あの過ぎ去った心を今欲しくて、
過去で今がつぶれて行く。

愛は育むものと、人は言う。

育んで、芽生えた愛は、形を変える。

永遠に留まるものは、きっと何一つない世の中で、

永遠を求める。


愛は辛い。


愛しても、届かない、それが辛い。

愛されても、届かない、それが辛い。


愛し、愛されているのに、二人哀しいのは何故だろうか....


人の心を、切なく、哀しく、美しく、
綺麗すぎる一本だと思います。

映画館に足を運ぶ価値はあたしはあるかと思うけど、
いずれにせよ、一人で観て欲しい作品です。

今愛する人を、今自分を愛する人を、今二人を繋ぐ愛を、
見つめ直せるかもしれない。

公式HP
http://www.tothewonder.jp
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

God save my shoes(私が靴を愛するワケ)映画の話よりあたしの靴への愛情が伺えてしまう、全くをもって主観満載な文章に仕上がっております。笑 [cinema]

久々に書いているのは...

久々に映画館に足を運べたからだよ!


あぁ、もうあり得ない...こんな映画館から遠ざかった生活....泣
欲求(映画欲)不満でもんもんだわ....

しかもあり得ないけど...
このブログいつも結構上位にいるみたい...So-netブログの....
しかもしかも、1番アクセス数多いのDVDへのレビューだし.....爆
あ、ちなみにこれね、
”ヘルタースケルター 毒舌入ってますがご容赦を笑”
http://mysister.blog.so-net.ne.jp/2012-12-29-1

また...どっかに貼られたのかい?

あたし....笑 ま、どうでもいいや、映画のお話しましょうw

靴が好きです。

あ、間違えた.... 愛してます!!!

家族に言わせると....病気の域らしいです.....爆

そんなあたしがこの映画を逃す訳、 ないよね〜(はるな愛風にどぞ)

God save my shoes(私が靴を愛するワケ)
god_save_my_shoes.jpg

ドキュメンタリーです。
まぁね....70分の上映時間で、しかも都内(山の手内)
たった一館での上映でしたけどもね...
でも、色んな雑誌に載っていたよね.... のわりに、一館かよ.....

そうですね、上映映画館はあたしの愛する大都会新宿の武蔵野館です。
あまりに上映映画がいつもマニアックで....たまらん....笑
しかも、喫煙所健在です。
ステキ....

ここと新宿ミラノ座くらいじゃないかな、未だ都内で席指定してない映画館....笑
今作、武蔵野館では予告も一切なしにいきなり本編から始まると言う、
どSな上映方法....笑
ま、たまにあまりに予告が長くて、
「あたし何観に来たっけ、今日....」って思う時もあるので良いんですが、
せめて5分予告も観たいのはあたしだけでしょうか?爆

題名でね、わかるかと思いますが、靴の話です。
世の中のほぼ全てが妥協の世界と知ってますが、 靴に関してはあたし妥協をしませんから。
故にどS発言続きますが、ご容赦を。

書き忘れそうだから、先に言いますが、
映画としては、
”靴中毒による、靴中毒のための、明らかに観客ターゲット狭過ぎ”な映画です。

が、靴を、ヒールを、こよなく愛する女共の、その努力を、
世の男も知っとけよ!
そして、自称靴好きっていう、世の女共、このレベルになったら言って良いよ、靴好きって。
という意味で、まぁ、あたし的にね、多くの皆様に観て頂きたいです。(主観満載)

ま、70分ですから、
そしてインタビュー満載の70分ですから、
そうですね、英語のリスニングのお勉強の一環にいかがでしょう?
ま、途中フランス語入って来ちゃうけどね....笑

映画としてはあってもいいと思います。
こういう完全マニアックな方々向けの、 もう、狭過ぎだわ!って思う映画も。
正直、需要が高いとは思えませんが、あってもいいんじゃないの?って映画です。

観る方少ないと思いますので内容若干触れますが、
途中から、ヒールとSEXの話になります.....笑
もう途中からSEXアナリストとか出て来ちゃうし....
あたし....一人で観に来てるよ........笑

まぁ、あの、納得いく展開ですが、もう、あたし爆笑....
あ、でも、映画館あまりに静かだったんで....静かに爆笑....超難しいぜ、おい.....

先にも言いましたが、 靴を愛してます。
現状で300足は持ってます。
実際の話をすれば300足超えてからは数えてないのでわからない。

知人に言うと驚愕の数字らしいけど....

でも、全然満足してないよ、あたし....笑

映画を観て、あたしまだ靴少ないじゃんって思ってしまったが、
現実問題として、さすがに靴を置くスペースを確保出来ずに、
もう部屋まで靴箱で溢れているので....
家族には「もうこのくらいで....」とお達しを受けている....

阿呆でしょ、わかってます。
でも、趣味です。
気持ちは車好きが車にお金をかける、
絵画好きが絵画にお金をかける、
それとなんら変わらない。

正直に言いますが、 履いてない子も多いです。
数十足は多分履いてない。
正確には家で履いてることもあるが、
外に出た事はない.....

いえ、うちの家は土足ダメですけどね....笑

何故好きなのってよく聞かれる。
その度に考えて来たその答えをこの映画に貰った気がする。

まぁ、好きなものは好きなんです。
理由なんていらないよって言われればそれまでで、
ただね、やっぱりね、女性らしさの強調だと思うんです、ヒールって。

自分の体型が嫌いです。
でも、仕方ないよね、
こう産まれて来ちゃったんだし。
っていう諦めはあります。

でも、なりたい自分があるよね。
それをね、サポートしてくれるものです、ヒールは。あたしにとって。

物理的に考えて、ヒール履けば、足が長く見える(見えるだけよ)
ヒールを履くと、背筋が伸びる。
なりたいあたしに近づける。

シンデレラみたいなもんです。
靴は脱ぐよ、寝てる時までさすがに履いてはいない。
でも、履いている時、最高にテンションがあがる。

病気ですか?あぁ、構わんよ、病気扱いで笑

あと、自分の足が大きいのが嫌いです。
少しでも小さく見せたい。
でも、纏足はいやーーーーーーー笑

そんなあたしの欲望を満たすのが、海外のブランドだっただけ。
まぁ、そこそこ高いですよ。どれも。
大体革製品の関税が高いし。

でもね、本当に違う。

何が違うか?

履けばわかるよ。笑

レッドソール信者ではない、あたしは。
とりわけ一つのブランドにこだわる訳でもない。
でも、本当に良い靴って、 9cmのヒールでも走れますよ。笑

良い靴を履いてたい。
格好良く履いてたい。

街中でも、個人的に女性の顔とかどうでも良いけど、 靴は見ます。
なんなら靴しか見てません。
ある意味....変態ですね。笑

でもね、本当に幻滅するよね、
どんなに可愛くても痛そうにヒール履いて歩いてる女性を見ると。
明らかにブランド一目瞭然ないい靴履いて、
そのヒールが傷だらけなのを見ると。


100年の恋、興ざめ...ってあたしそっち系ではないけどさ....笑

靴を綺麗に履けないやつは、

いっそ裸足で歩けよ、こら。


良い靴って、本当にその構造から考えられていてね、
正直ありますよ、痛くて数分しか履けない靴って。笑
でも、いいんですよ、
あたしにとっては靴はオブジェですから。

あたしにとって靴売り場っていうのは美術館ですから。
もう、店員に話しかけられたくないオーラ満々で見てますけどね笑

靴ってまぁ、外に出るためには必ず履くでしょう、日本では。
必ず皆が持っているものでしょう。
でも、靴を買う、そのスタンスは個々で違うでしょうね。

履き潰して、新しいものをまた買う。
それも否定しません。

あたしも国産は全てをメンテナンスしている訳じゃない。
でも、良い靴は、一生履いてられるように、 大好きな靴は、死ぬまで大事に。


そうですね、あたしの棺は是非靴で埋めてください(遺言か!?笑)

ルブタン、マノロ、ロッシ、チュー、レネ、アルディ、シャネル、グッチ....

あ、盗まないでね、棺から笑


こだわりを、あたしのこだわりを、
誰かに押し付ける訳じゃない。
ただ、密やかに(まぁ、あたしの靴マニアは結構周りは知ってると思うけど)
想ってます。

一途に、もう何年も靴に恋してます。

ただね〜、あたし基本ヒールで10年以上履き続けているのでね〜、

ふくらはぎ、立派です笑

わからない、あたしが靴を愛するのは、あたしにとって、
もう、「毎日下着履いてるよ」くらいナチュラルなものなので、
でも、多分ずれてるでしょうね、一般からは。

ただこの映画の全ての人間の言葉にあたしは共感する。

一日のコーディネートは靴から決め。
行く場所によってヒールを変え(歩きにくい街にはウェッジソール)
その日歩くであろう距離を予測し、靴を選び、
良い靴を履くためにフットのケアも怠らず、
女の意地で靴を脱ぐその瞬間まで美しく歩く。

これを毎日、あたしは当たり前に考える。(病気だろ〜w笑)

もう、歩いてる途中でヒール傷ついた日には、そこからのテンション駄々下がりな上、
もう、最悪新しい靴そこで買って履き替えるから。笑

いい靴には歴史がある。

いい靴になった歴史がある。

それを履いていると、あたしはそう思っている。

さすがにね、靴で破産はしたくないし、
まぁ、全てのTPOに合った靴はもう既に持っているので、
今はそんなに買わないけど(月一足くらい...十分か....)

惚れるんですよ、
恋に落ちるより、明らかに。

惚れるんですよ、
一目見たその瞬間に(恋では一目惚れしないですが)

惚れた子を、諦めると言う選択肢、あたしにはありません。笑

もう全てがこの映画、あたしの気持ちを反映している。笑

本当に、靴を好きというのなら、
この映画は観て欲しい。
あたしの靴好きの理由を知りたいなら、
その答えはこの映画にある。

個人的にはもう120点出したい映画です。笑

ただ、そうね、邦題のこのインパクトのなさはどうかと思う。笑

http://www.alcine-terran.com/shoes/
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

THE HOBBIT: AN UNEXPECTED JOURNEY (ホビット 思いがけない冒険) [cinema]

映画が終わった瞬間、

「えっ!!!」

って言ったのは、あたしですよ.....


このあたしが珍しく脇目も振らず本題に行きますが......
そう、見ましたよ。かの”ロード・オブ・ザ・リング”(和訳題が”指輪物語”というのはいかがかと....)
の序章にあたりますね、
”THE HOBBIT: AN UNEXPECTED JOURNEY (ホビット 思いがけない冒険)”
hobbit_an_unexpected_journey.jpg

ホビットよりあたしが思いがけなかったよ.....


まさか......


これも三部作だなんて.......爆


そうです、そういう意味での冒頭の「えっ!!!」です.....

基本的に、映画を観る前に予告以外誰のプレビューも見ない。
見たらきっとその書き手の目線になるから。
(そう、人って流されやすいから笑)
まぁ、好きな映画レビューの書き手は何人かいるんです。
大概見てる映画の本数多いと、誰のとこ見ても、そんなにレビューは温度差はないが....
ま、自分が見終えてからレビュー見る。
その映画の詳細見る。
そういうのがあたしのパターンなんだけど。

だから知らなかったよ....
今作にサブタイトルあったの....
”ロード...."が第1,2,3章って書いてあったのは知ってる。
でも、今作にはそういう数字なかった!
三部作なら数字いれとけよ.......爆

数年後....記憶確かに今作を覚えている自信......ゼロへの漸近線ですが.......爆

まぁ、見ちゃったんだからしかたねぇ....
女に二言はねぇ!!!!
(正直たまにはあるが笑)

見ましたよ、まさかの3Dで(だってそれしか時間帯合わなくて....なんせ170分なんで....てか、なんでTDRと映画って基本”分”単位で書くんだろ.....
いや、”○時間○分”って書いた方がなんかリアル感伝わるのはあたしだけ?あ、伝わっちゃむしろいけない感じ??笑)

はい、こっから中盤でのまさかの横道行きますんで、
映画の感想だけ見たい方はすっげー下の方にスクロールしまくってちょーだい笑



あなたは字幕を見ますか?



あたしは見ます....って当たりめーか笑



いや、自慢では決してないですが、まぁ、英語なら日常上級会話と字幕なしで映画くらいは見れます。
あ、でも、あの”ジオグラフィーチャンネル”の日本語でも聞いた事ない医学的用語とか、株式関係の単語羅列の映画は英語の字幕で良いから欲しいけど.....爆

あ、でも、英語以外となんと6年以上習っている韓国語のレベルはまぢクソですけどね....爆
習ってるけど、韓国語なんて幼稚園生くらいのレベルですけどね....爆
韓国語検定三級ですけど、ほぼ勘ですからね!爆

ま、あたしの語学レベルなんてどうでもえーんだが、
思うんですよね、
テレビもあんまり見ないですけど、あたし。
海外のドラマとか映画を、テレビで放映するときって大概吹き替えでしょ?
個人的に声優とかはアニメとかの声優しかわからないけど(ドラエモンはいまだあたしの中では大山のぶ代です笑)、
そういう声優目当てで映画館で吹き替えの映画を観る人もいらっしゃるかと。

実際アメリカ、ドイツ、フランス、スペインなど吹き替えでの上映の割合が多いらしいです。
日本で吹き替えってなると子供がターゲットになる映画が多いかと....
基本大人映画は字幕が多いかと思います。日本は。

そして....
散々このブログでもさ、言ってますけど、
まぢあたし映画界で誰に会いたい?って聞かれたら、
迷わず言うよ、

「戸田奈津子!」

俳優とか、どーでもいー笑

凄いんですよ、字幕翻訳者って。まぢで。
そしてその字幕を付ける映画制作上の行程もすごいんですよ!

今回その辺の凄さ、学びましょ!笑

なぜ、戸田奈津子を尊敬するか。
トム・クルーズお付きの通訳者だからじゃないから?!!!
知ってますか?御歳今年で77歳です。
彼女の訳した作品例は以下です(一部です)
・地獄の黙示録
・タイタニック(1997年)
・スター・ウォーズ(新3部作)
・ターミネーター2(1991年)
・E.T.※吹き替え翻訳も担当
・ゴーストバスターズ
・バック・トゥ・ザ・フューチャー
・インディ・ジョーンズ
・シンドラーのリスト
・フォレスト・ガンプ
・アルマゲドン
・シカゴ
・パイレーツ・オブ・カリビアン
・ホーム・アローン(1990年)
・シザーハンズ(1990年)
・ブリジット・ジョーンズの日記(2001年)
・ハリー・ポッターシリーズ(2001年~)
・セブン・イヤーズ・イン・チベット(1996年)
・ベイブ(1995年)
・アポロ13(1995年)
・マディソン郡の橋(1995年)
・スピード(1994年)
・ジュラシック・パーク(1993年)
・M:i:III(2006年)
・ワールド・トレード・センター(2006年)
・ダイ・ハード4.0(2007年)
・ボーン・アルティメイタム(2007年)
・ナイト ミュージアム(2007年)
・007 オクトパシー(1983年)~007 スカイフォール(2012年)
・グレムリン※吹き替え翻訳も担当
・アバター(2009年)
・バトルシップ(2012年)

はい、絶対どれか見たよね?
ねえ、字幕で見たよね?笑

凄いよ.....
いや、大作をやってるから凄いって言ってるんじゃない。
今77だよ!
もうその歳になったら、普通に母国で話しかけても「へ?」って返す年配の方が多い世代だよ!
今なお現役ですよ.....
(あ、何一つ年配の方への偏見はないです、一応言っておくが)

言葉ってね、生き物です。
毎年、時々刻々と形を変えるものです。
自信あります、あたし。今渋谷に行って若い子の会話聞いて、多分5分に一カ所理解出来ない単語あるぜ....笑
あたしの中の最新の若者用語なんて「ガチで!」と「KY」くらいだぜ!笑

映画っていうのも全てが全て、いわゆるクラシックで綺麗な単語ばかりの映画なんてありえない。
会話ですから、そして、映画とは、例え題材が古くとも、今を反映する文化ですから。
その言い回しは、その時代に適応したものになっている。
まずね、それをね、他言語で聞いてわかるってすごいよ。まぢ.....凄いんだよ....
特にスラングとか訳すのって本当境地だよ。
会話の中ではニュアンスで理解出来るけどね、それを今の日本語に当てはめるってことは、
どっちの言語でも、今の生きる言葉を知らなきゃいけないんだよ。

英語は出来ますよ、あたし。でも全てディクテーションしろって言われたら無理!
てか、日本語でも書くスピード追いつかない。
多分母国語をゆっくり何度もきかなきゃ完全なディクテーションって無理かと思う。
同じ日本語でも東北弁とか、そういう訛入ってたらむりじゃない?

あたし英語ネイティブと映画観に行って(英語の)、
「今なんて?」って聞かれたもん笑
そういうものだと思います。

それを完全に聞き分ける。それがまずすごい。

そして字幕翻訳者の凄さはここから。

字幕って、たまに見逃しますか?

まぁ、運悪くね、長い瞬きとか、うっかり目にゴミがってなったりとか、
見逃す事はあるかと思います。
でも、大概読めますよね。

子供向けの映画で、字幕で、それを子供が見ても大概で読み取れると思う。
字幕ってそういうものですね。

でも、知ってましたか?
その一回にでる文字数と、時間は全て計算上でたたき出している事。

ご存知でしたでしょうか?

字幕の世界は
映画の台詞一秒につき4文字、これが原則。
一度に表示する文字は20文字以内。
そして一行に10文字。

このルールに乗っ取って、そして、言葉の脈絡も全て含め、
字幕って作られているんですよ。

ご存知でしたか?
いや、今、存じて下さい。笑

英語を訳せる人は多いと思うんです。
でも、訳した上で上記ルールに従わなきゃいけないわけよ。
あたし、むーりーーーーー笑

英語を聞ける人ってのも多いと思います。
日本は英語は基本は必須ですからね、中学で。
あたし映画を観るときは字幕も読みますが、言葉も聞いてます。
面倒だと、言葉だけ聞いてます。
うん、思う。結構字幕は単語すっ飛ばすこと多いです。
それで批判も出るそうですね。

でも、仕方なくない?
日本語って特に話し手によって語尾変わるし、
その語尾って内容には関係ないけど、重要だよね。

例えば、おねえ系の登場人物の台詞の訳はやっぱ
「あたしって、そういう人好きじゃな〜い」ってなるじゃん。
間違っても
「私(わたくし)はそのような方は好きではないです」ってなんねーよ。笑

文字数上記ほぼ一緒です。英語訳にしたら、”I don't like such a person"
はい一緒だから。爆
でも、日本だと文面だけでちがうだろ?
そういう装飾が多い言語である日本語で完全に一単語もおとさずに字幕付けたら...
まぢ映画観に行ってるのに、文章読んで終わるからね笑

省くのは仕方ないよ、それに文句言うなら、「お前その言語(英語映画なら英語)習ってから観に行けよ」ってなるよ。

英語をわかって英語の映画を観ると、確かに少し違うものは見えると思う。
で、英語聞いて一人全然違うタイミングで映画館で笑っているのはあたしですけどね....爆

そうやって苦労して付けた(戸田奈津子が一作にかかる時間がいかほどかは知らんが。会って聞いてみたいが笑)字幕を、
次、フィルムに印刷します。
てか、彫るんですって、あれ笑
まぢ半端ないじみーな作業だよ.....爆
あたしなら途中で絶対飽きる.....笑

たまにあるよ!
背景白なのに、字幕白かよって思う瞬間.....あるよね....
いや、もう炙り文字くらいの勢いで読めないけどって時.....あるよね笑

それは....
配給会社の失態です[ハート]

まぁ、そこまでして字幕付けて、ねえ、邦画と同じ値段....
それおかしいと思わない?
もう、いっそ字幕代(字幕翻訳者と制作者に直接まるまる入る収入)あげたいわ笑

さー、なぜー、こんなながーく、字幕について語ったか.....笑

まだ続くよ、
よ・こ・み・ち[ハート]

あたし今作で気付きました、3Dを嫌いなその理由。
TOHO系はいいんです、メガネ軽いし、抗菌だし笑(あ、若干そういうの潔癖なんでつかいまわしのとこはまぢ勘弁)
料金もいいんです。3Dに起こした技術者への料金だと思えば。
いいんですよ、いつも飲んでるリアルスタバを、コンビニスタバに変えれば良いだけなんだし笑
あの右左で緑赤のメガネの時代より相当進化したよ、今作170分ですけど、
映像見てて、「耐えられない」って思う事はない。
まぁ、元来メガネの人は耳の後ろがダブルメガネで痛くなるだろうが笑

気付いた、今作で。
3Dの字幕の位置が悪すぎる!
それがやなんです、あたし!!!!!!!!!!!!!

映画館での3Dは基本直線偏光フィルター方式です。
そしてこれデジタル映画しか無理です。
それもあたしが3D嫌いな理由ですが。
デジタルですね、大体今は、きっと平成生まれなんてデジタル映画しか知らないんだよ。
でも、あたし、あのフィルム映画の、予告から本編行きます!今フィルム変えてます!な瞬間で出来る意味わかんない漆黒と光のあのスクリーンが好きなんですよ。
映画の途中で出て来ちゃう、あのスポットが好きなんですよ!笑
そういうのきっとあと10年で若い世代の誰一人理解出来なくなるんだろーなー....(遠い目)

3Dってね、浮かせるんです、映像を、その時焦点はどこに合わせます?皆さん。

多分浮き出た映像ですね。
でも、字幕って一作通して位置変わらないです。
そこだよ、見にくい理由。

自分の目の焦点が映像に合っているのに、字幕を理解するには、その字幕に焦点持っていかなきゃいけない。
それがめっさ疲れる.....
なので、今作は時折字幕無視してました、あたしは。

字幕に集中したら、映像見えない。
映像に集中したら、字幕読めない。

......字幕翻訳者も、3D技術者も.....泣いてるぜ笑

長い横道でした。我ながら。
詰まる所、最終的には”あたしが3D映画好きじゃない理由”への収束で幕を閉じましたがね....笑



さーーーーーてと、映画の感想いくか笑

いや、見てないんです、"ロード.....”笑
あぁ、観ましたよ、一作目だけ、映画館で。
当時三時間級の映画って珍しくて(2時間超える映画も少なかった)
はい、一作目であたし心折れたんです笑

まぢ一瞬寝ちゃおうかなって思った位なんか「緑だなー」ってイメージが今でも残るんですが、
なんかネイチャー番組でも観てるのかよって思った位、映像くらいは単調だわ....

まぢ、これなんで名作小説?って思った笑

冒頭で言いましたが、これ完結だと思ったの。一作で。笑
だから170分いってみようかなって。
原作読んだ外人達が皆”ロード..."観てなくても理解出来るって、別物だって言ってくれたから。

信じたの、あたし。

そして、

信じたあたし、正解!笑
(結果自分凄いみたいな言いようですけど笑)

言っちゃいけないけど、言っちゃうよ、

面白かった!



このどうしようもない感想、すいません。笑

あのね、信じたよ、でも、期待はしてなかった、実際。
ただ、面白かった。笑(二回言ってる、あたし笑)

そうですね、映画として言いますが、
まさか”ロード....”の監督のあのピーター・ジャクソンが、あの早いコマ回し出来るなんて!笑
スピード感よかったです。
早くはないけど、遅さもなく。
たるむ部分もほぼゼロですね。
そして映像が良かった。まぢ、新居はホビットの家で良いかと思う位だったし笑
(あ、新居に越す予定などないんですがね笑)
色の色調がよく変わるので飽きなかった。

途中まぢで映画館でビビったあたしですが(まぁ、いつものこと笑)
そういう濃淡もあったし、
まるで...そうですね....

パンとサラダ、目玉焼きに、牛乳、デザートはそうだよ南国香るフルーツ達だよ!
あ、自家製ジャムとバターも用意しておいたよ!
しかも、朝日に差し込むテラスで食べるなんて、なんて素敵な朝食なんだよ!

ってくらいバランスよかったです笑
(あ、毎回言いますが、ニュアンス重視で笑 当の本人朝、昼食事しないので笑)

170分、エンドロール抜いて160分強ですかね、
小説を読んでないので、どの位忠実かは知りません(省いた部分もあるでしょう)
が、映画としてはほぼ満点に近いですね。
全てのバランスが。

好き嫌いはあると思いますよ。
いわゆる色の付いたシーンもないし、
基本男子(あと老人と怪獣、珍獣)しか出て来ないし、
男子は飽きるかもしれない笑

良い映画、いわゆる内容での名作かって聞かれたら微妙なんですけど、
まぁ、いいシリーズになると思う。
あ、でも、”ロード..."の話はなしね、あたし見終えてないから笑

3Dも映像は綺麗でした、字幕の件を除けば....

映画館で観る価値はあると思う。
久々に大作で、前評判通りかと思います。
ただ170分、予告ありで3時間越えなんで、
ちょっと空き時間に...って感覚では無理なのが勿体ないよね。

2作目ホビット スマウグの荒らし場The Hobbit: The Desolation of Smaug 
公開2013年12月13日
3作目ホビット ゆきて帰りし物語The Hobbit: There and Back Again
公開2014年7月18日
だそうです。今のところ。
ま、3作目題名で既に、「あ、うまくいった?」的な安心感が素敵ですね笑

ゴラムが個人的に最も恐!って思ったけど、
あ、でも、ああいう人いるよね、世の中にも笑

観て損ないです。
まぁ、全作整ってみるのもありだけどね。
3時間×2を3作目の前に復習するのもなんだしって思う人は.....2014年に一気に観たらいい笑

長くお付き合い頂きありがと、Amigo!笑

独り言だが、毎回こういうレビュー書く時間韓国語やったら上達するんだろうな....


THE HOBBIT: AN UNEXPECTED JOURNEY (ホビット 思いがけない冒険)
公式HP
http://wwws.warnerbros.co.jp/thehobbitpart1/
nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

007 SKYFALL(スカイフォール)若干ネタバレ込み [cinema]


2010年にこういった。

"007"制作打ち切り

衝撃でした。
だって好きなシリーズだったから。

まぁ、打ち切りの真相はハリウッドの名門スタジオMGM(メトロ・ゴールドウィン・メイヤー)の財政危機問題であって、
それを20億ドルじゃなきゃやだって駄々こねやがって、身売り先が決まらずにいたのが原因なんだが。
名門ならそんな負債かかえんなよって思う気持ちはさておいて、
それより"007"の打ち切りって!
って思ったのが当時の記憶ですが.....

そして2012年.....

"007 SKYFALL"


えっ.......打ち切りって言ってから僅かに2年しか経ってねー.......


むしろその時の方が打ち切り話より衝撃的......爆


えっ、なになに、例えるなら、ミスドでいつのまにかなくなっていたツイストが期間限定で復活するんだって!
え〜、まぢで!?超うれしーんだけど!
的な〜

でも、実際復刻したの食べて思うんだ....

あれ、昔より小さくなってね?爆

あ.......
やべ.......
たとえ話でオチ迄言っちゃったぜ.....笑

まぁ、今作観て、めちゃめちゃ好きだった人はここから先は読まない方が良いと思うよ笑

そうです、観に行ったのは
"007 SKYFALL(スカイフォール)"
thumb.jpg

あたしは思います。
今作007シリーズ23作目ですが、
その全てをあたし見た訳ではないですが......


今作007史上最強に.....ださい.......

ボンドが.......まぢ.......だせー..........


先に言いますが、まぁ、良かったと評価出来るのはオープニングと悪役ハビエル・バルデムの演技くらいですね....苦笑
そもそも007の主題歌は相当な歌手が代々歌って来ているもので、
大方アカデミー賞くらいはノーミネートされるんですがね。

まぁ、年間通してみても、主題歌が最高にいい!って思う映画ってそんなになくて、
過去を見てみれば、
”ゴースト”主題歌ライチャス・ブラザーズ「アンチェインド・メロディ」
"ボディーガード”主題歌ホイットニー・ヒューストンオールウェイズ・ラヴ・ユー」
”タイタニック”主題歌セリーヌ・ディオン「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」
”アルマゲドン”主題歌エアロスミス「ミス・ア・ シング」
......
いや、歌として普通にヒットするだろ....って感じですが、
まぁ、でっかいヒットは早々毎年来るものでもない。

今作主題歌歌っているアデル自身、今絶頂期だと思うし、
まぁ、去年一年通して主題歌が心に残る完成度だったものは記憶にないので、
取るでしょうね、アカデミー賞。

まぁ、無難です。
オープニングは007シリーズは毎回いわゆるボンドガールらしき女の影がチラチラした感じですけど、
いいんですけど.....今作、既に映像的には....古い....苦笑
今回は題名にも書いてあるようにネタバレ込みなので、
オープニングについてちょっとネタバレ書くなら、
あの鏡のエフェクトはださいだろ....って感じですね.....

オープニング最後の方で出て来る定番のカット割は、まぁ、007らしさですかね.....

オープニングについてうだうだ書き過ぎてますが、
映画本編参りましょうか....

先に言ってしまいましたが、
まぢ、007史上最強にださい一作ですね。笑

なんだろ....
80年代です、全面的に。

ここのブログで書いてるか忘れましたが、(多分書いた)
個人的に、そもそもジェームズ・ボンドがダニエル・クレイグになった時点であたしの007への敬愛は薄れ始めた。
興収だけで見れば彼主演の”007/カジノ・ロワイヤル”が多分現状歴代一位なんですが、
それって世の中的にはダニエル・クレイグが適役として見なされてるってことですが.....

あ、でも、あたしの中のジェームズは....ピアース・ブロスナンpppp

なんだろ、
あの紳士で、スマートで、女好きなおっさん。
そのイメージがあたしは好きなんです.....

もう、スーツしか着ません!的な!
スーツの下は真っ白なシャツです!みたいな!

それが好きなんです.....

あ、でも、今作のジェームズ....
紳士さゼロ、スーマトさ無論ゼロ、残る女好きさ健在....

え、良いとこなしじゃん!笑

007と言えば、ボンドガールですよね。
過去も錚々たる女優が演じてますが、それも楽しみの一つですが、
今作のボンドガール、ナオミ・ハリス.....
うーん、微妙笑

あと007ってジェームズ・ボンドが女好きなので大体何人かに茶々いれてますけどね、
で、その役は大体早々に死ぬ。
そういうパターン多いですが.....
今作その役を得たのはベレニス・マーロウ....いや、知らねー.....
フランスの女優さんだそうです。
アジア系の血が入っているので非常に今作容姿は合ってた。
が、演技力ひどい.....苦笑

そうね、007って本当にいきなりsexシーンが始まるんだが.....
まぁ、毎回そこで「あり得ねー!!」って思って映画館で笑ってしまっているのはあたしですが....

世の中の男子よ....

あんなに簡単にあのレベルの女は抱けねーからな!笑

さっきから言ってますけど、本当にださいんですけど、もうボンドの全てが...今作.....
ただ、悪役ハビエル・バルデムの演技は苦笑する程にうまい。

知ってましたか?
奥さんがペネロペ・クルスです。
あたしの愛してやまないペネロペ・クルスです。
男優と女優と、そりゃくっつく事は多いですけど、
ハビエル・バルデムは偉いと思う。

だって家帰ったらペネロペ・クルスがあの顔で待っているんだよ!
起きたら目の前にあの顔があるんだよ!

あたしならぜってー仕事行かなくなる.....笑

ハビエル・バルデム....すごいぜ、その理性.....笑

彼の作品もちょこちょこ見てますが、今作では大分風貌が違うので一見誰だよって思いますけどね。
スペイン出身です。
が、英語はペネロペより上手いよね(笑)
まぁ、演技的見せ場は全てハビエル・バルデムが持っていった印象ですね。

内容的には、
まぁ、ありがちね、映画としては。
「世代交代」ってとこでしょうかね。

Mを演じたジュディ・デンチも御歳78歳ですから。
007次作迄もたなくても正直不思議ではない。(多少失礼な書きっぷりですが)
まぁ、今作最後迄見て思うのは、ああ、全てはジュディ・デンチの為の映画だってとこかな.....
彼女の演技はまさに舞台女優丸出しで、もう本当に真のそこからのブリティッシュイングリッシュが特徴的ですが、
007シリーズ始まって以来初の女性のM。
このシリーズに彼女のキャリアも存分に助けられたと思う。
引き際は、若干あっさりし過ぎたかと思うけど、
彼女の寿命より先にこの役を降りた事はいい選択だったと思いますけどね。

映像は、綺麗でしたよ、たーだー.....
これさー.....どこに金かけたんだろ?

007といえば、同じく有名なのはボンドカーですね。
ボンドカーが登場してない作品もありますが、
今作はアストンマーチン・DB5です。
が、あんま出番ねー.....
過去の車種はアストンマーチン、BMW、フォード、アウディ、ロータス・エスプリ、メルセデス・ベンツ、アルファロメオ。
まぁ、セクシーな奴らのオンパレードで、その車の見せ場が好きなんだが....
今回ほぼなし......

しかも、007と言えば、最新兵器も見せ場の大きな一つですが.....
今作まぢしょぼいんですけど......武器が.....爆

「え!そんなとこからそんな武器が!!!」

的な印象を持つシーン.....皆無.....爆

最後の決着シーンにおける闘い方.....
80年代、超えて70年代迄遡ってるんじゃ.....爆

良く言えば、すげーアナログな、
悪く言えば、すげーださい....爆

CGもとりわけ凄い訳でもないし....
一体どこにお金かけたんでしょう.....爆
ちなみに制作費アメリカ$2億.....笑

尺としては142分58秒....笑
長い。長くても良いけど、今作は中だるみあり。
途中で若干あたしの興味が途切れた笑
もうちょっとスピード感あげて欲しかったですね。
ただ、監督が”アメリカン・ビューティー”のサム・メンデスなのであのスピードは仕方ないのかな.....爆

007に期待する人にはちょっと物足りなすぎる作品です。
映画館で観る意味もさほどないかと。
家に50インチのテレビあるならそっちのがいいと思います。

総評としては007と名が付いてなければ、単なる普通の映画です。ってとこです。

手厳しくてすまないね笑

007 SKYFALL 公式HP
http://www.skyfall.jp

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

Les Misérables(レ・ミゼラブル) [cinema]

気付けば1月の半ばに早くもさしかかっておりますが、
新年一発目のレビューですので、
ここは気持ち新たにご挨拶を....

皆様明けましておめでとうございます。
本年も下らないあたしのレビューに心ゆく迄お付き合い頂ければ幸いです。

まぁ、堅苦しい事は苦手なんで、
たった2行でその辺終わらせてもらいますが...笑
そうですね、今年もマイペースに言いたい放題で進めて行きたいと思います。
2012年に観た”ハンガーゲーム”のレビューも書いてないのは....
そ一旦水にさら〜と流してまいりましょう。笑

2012年11月から尋常じゃない忙しさで、何度スケジュール表と向き合ってみても映画館に行く暇など、
1mmもなく....
まさかの映画お預けプレーに一人悶絶しておりました。
年始は年始で体調不良に陥り、2日なんて吐き気、頭痛、腹痛のまさかのオンパレード...
食べ物の匂いで一人ウプウプ....

”つわり!?”

いや、ないない、女の計算上もあり得ない....爆
そうですね、きっと胃腸炎です笑

そんな体調も少し良くなり、
やっと....やっと....辿り着きました!!!
新宿ピカデリー!!!!!

あ、そもそも、ピカデリー好きじゃないんですけどね....笑
喫煙所館内ゼロ。映画館周辺ゼロ。
しかも各スクリーンに続くエスカレーターのゲートが既に上映15分前からしか通過出来ない。
よってロビー時間によっては激混み....
そもそもが週末休みじゃないあたしにとって、
映画とは平日の昼ゆっくりとマイペースに現実逃避をする最高の玩具であって、
そんなあたしの求めるものが何一つない映画館の一つなんですが....

ただ今回はピカデリーの立地上ですかね、
ピカデリーには思わず”阿呆か、己は!”と突っ込みたくなるシステムがございます。
その名もプラチナルーム、プラチナシート。
http://www.shinjukupiccadilly.com/platinum/index.php
プラチナシートはいわゆるあれですね、カップルシートってやつです。
今はもうそんなに珍しいものでもないかと思いますが、
ここのカップルシートは一人5000円。
まさか一人で購入して相席だった日にはどん引きですけどね〜笑

そして更なる阿呆なシステム、プラチナルーム。
一部屋個室で二人で30000円........
阿呆だろ.....来るの絶対映画の後で歌舞伎町直行じゃねーの?って感じでしょ(笑)

しかもどっちでも同じなんですけどね、ドンペリ飲めます。
一本10万で.....
キャビア食べれます。
1万5千円で....
素敵なコーヒー飲めます。
一杯5000円で......

あ、そうですね、普通の感覚で言えば.....

"だったらミシュラン3つ星行くわ!”

ですね笑

これでメニューにシャンパンタワーなんてあった日には、
確実に歌舞伎なカラーなんですけどね(笑)

個人的には個室とか、ソファーとか、まぢどーでもいい....
だったらむしろ喫煙鑑賞ルームを設置してもらいたい。
あたしの予算は3000円ですが、それならまぢ払っても構わないと、
例え同伴者がいて、かつ禁煙者で、そっちは普通の席に座って、二人離れて同じ映画見ることになっても......

あたし3000円払わせて頂きます。
だって映画はあたしの楽しみそのものですから〜、そして同様喫煙も笑

まぁ、この下りで言えば察し付きますね、
今回はプラチナシートで鑑賞しました。

が、まぁ、個人的には六本木ヒルズTOHOシネマのプレミアムスクリーン(一人3000円)のがお勧めです。
http://www.tohotheater.jp/theater/009/institution.html
シートがリクライニングなのがとても素敵です笑
あと、ウェイティングルームがシックなバーのような感じで....
そうですね、観る前にかなり酔えます。
が、飲み過ぎは注意です(トイレ近くなるし笑)

一方ピカデリーは、”サロンかよ!”って三村ばりに突っ込みたくなる白基調の.....
甚だ歌舞伎町のイメージには反した作りで....
スタッフの対応がまるで召使いか執事のようで......
一瞬アキバか、ここは!とも思わせてくれます。

ちなみにこんな感じです。
IMG_2388.jpeg
なんか向こうの方に見えるテディベアに関しては敢えて触れずにおきましょうかね.....爆

で、座席はこう
IMG_2389.jpeg

で、あたしはこう笑
IMG_2392.jpeg

まぁ、そうですね、若者の記念日やらには良いかと思いますが、
実際スクリーンまでが遠すぎるのと、
あまりにくつろげるので、
映画ファンにはちといらねーなというシステムかと思います。
たまに何を思ったか、このスクリーンでアニメとかやっちゃうんで....
そうですね、観たい映画でこの席でっていうのが結構難しいのが厄介なとこなんですが、
まぁ、行ってみなきゃ文句も言えねーよって言う事で行ってみるのもあり...かな....

どうなんですかね?こういう阿呆なシステムは東京以外でも常識なんでしょうかね?

と、本題までの下りが長い上に、先に言いますが、この先も長いので....
飽きたら明日読めば良いよ笑

最近年末年始の休みも挟みましたからね、
新作は多いですね。
ただ海外からの新作の共通点....
それは.....

長い.......

長いんだよ!

”007 スカイフォール”143分
”ホビット"170分
"レミゼラブル"152分

はぁ、余裕で2時間越え....
エンドロールで切っても....
天城越え....
あ、ちげー、2時間越え(笑)

気合いがいるよね、映画一本観るのに....爆

そうですよ、今回この中から観たんですよ。
そう、題名で既にわかりきってますね....
"Les Misérables(レ・ミゼラブル)"
les-miserables-movie-poster1-379x600.jpg

ここからは余談なしにこの作品に付いて語りたい。
がー、笑
年始一発目という事で少し、あたしのレビューに対する信条をね、申し上げ奉りますが(笑)

映画の感想って一言で終わらせれば終わると思います。
「楽しかった」
「つまらなかった」
「怖かった」
「面白かった」

で?で?でーーーーーー?

ってなるべ笑

良いんです、感想は一言でもね、
でも、あたし達は言葉を知っている。
色んな表現を知っている。

きっと恐らく少しもう、あなたの歳が大人なら、
色んな気持ちを知っている。

そしてもう少し大人なら、
エンドロールに納められたその名前の数からその努力が、映画一本、たった一本、
そこにかけた情熱を、汲み取れるんじゃないかと。

それに対してたった一言の感想は、
あまりに薄情ではないかい?

何度も言いますが、
観たのは映画一本でも、
その映画から何か得られたら....素敵じゃないかい?笑

でも、まぁ、人って怠惰なんで、なかなか自分では...って人も多いですね。
そんな人に向けてなんて烏滸がましい言い方はなんですがね、
なにか映画この一本以上の、何かを、このレビューを読んで知ってもらいたいと。
そういう気持ちがある。

例え読み手が一人でも、百人でも、
このレビューを見て、
”へぇ〜”って思える言葉があったら、そんな言葉をあげれたらいいなと、思うんです。(ここ真面目笑)

なので毎回長くなっちゃいがちなんだがね....笑
今作は映画の長さに比例して、少し書かせてもらおうかと。

原作は1862年ヴィクトル・ユーゴーによる浪漫主義フランス文学の小説です。
”レミゼラブル”といえば、そうですね、ミュージカルというイメージが先行しますが、
ミュージカルになって上演され始めたのは1980年代。
1910年より映画として作られ、今作は15作目です。
かつその中9本はまさかの邦画です。

(はい、ここですよ”へぇ〜”っていうの笑)

Les Misérables、その邦画のタイトルは”噫無情”なんですが、
そもそも単語の意味は”惨めな人々”、そういう意味です。
レミゼラブルってフランス語なんで、綺麗に聞こえますが、
そんな良い意味では正直ない。

今作は25年以上のロングランを記録するミュージカルが母体です。
なので、既にミュージカルの脚本の時点で、ちょっと原作の小説の内容が既に大分省かれているようです。
(あたし原作もミュージカルも知らないんですが)

ただ、あたしの中でもレミゼラブルといえばミュージカルという印象なので、
今作についてはミュージカル映画として評価していきますが....

安いと思うんです、映画って。
一本観るのに何千円〜何万かする本当のミュージカルと比べたら、
たった3分で終わるジェットコースターに払う1000円と比べたら、
遥かに安いと思うんです。

いや、確かにスクリーンほぼ無人でただ流してるだけだけど、
日本は海外より高いけど(その分施設も充実してると思うが)
でも、一つの娯楽と見れば、定価で観ても、安いと思う。

有名なミュージカルを映画化するってのはよくあるパターンで、
その分さ、あたしは安くして、ミュージカルを観れるって思ったら凄い嬉しいなと思う。

結構ミュージカル映画は好きで観てるんですが、昨今では
"ナイン”
”バーレスク"(これはもともとミュージカルではなく映画の為につくった作品だが)
"シカゴ”
”レント”
”ムーラン・ルージュ”
”プリデューサーズ”

古いもので言えば
”メリーポピンズ”
”サウンド・オブ・ミュージック”

まぁ、結構観てますが....
そうですね、ミュージカル映画の最も難しい部分は、やはり配役だろうと、毎回思う。
そして、毎回、感想としては、「皆超頑張ったじゃん!」って褒めてあげたい笑

いや、あの、”メリーポピンズ””サウンド・オブ・ミュージック”は別なんです。
主役のジュリー・アンドリュースがミュージカル出身なんで。
上記にあげた数本の映画の中で、演技と歌で言ったら、やっぱり特に、”サウンド・オブ・ミュージック”なんて格別の出来映えで名作です。

わかるんです。
所詮は映画なんです。
有名な、顔の知れた俳優を使うのは必須でしょう。
それをせずに内容は一流なのにこけたのは”レント”でしょう。
個人的には好きですが、やはり映画を観る、その心は、その俳優を観たいから。
そういう気持ちも否めない。

ただ.....俳優ですからね。
歌の専門ではない。
今作も頑張ってましたよ、皆。
有名どころの俳優群、頑張ってました。
言うのはなんですが、日本の歌手よりも数段上手いでしょうね。笑

ただ、その声一つでは感動しない。

映画ですからね、スクリーンの中で演じる、その表情に、その演技に、
随分と助けられてるなと思う。

でも、声だけで感動するにはほど遠い。

あたしの求めるものも少し厳しいとは思うんですが、
俳優なのにこんな歌えるなんて!
って世の中は思うでしょうが、
本当のミュージカルはその歌で人々は感動するんだと。
それをね、映画で求めるのは酷ですがね.....

ヒュー・ジャックマン、頑張ってました。若干高音がぎりぎり感満載でしたが、頑張ってました。
でも、途中からやっぱりウォルバリンに見える.....笑

ラッセル・クロウ、そうですね、歌は残念ですが、それをカバーする演技力は確かです。

アン・ハサウェイ、相変わらず体当たりな演技ですが、彼女が歌う歌がこの”レミゼラブル”最大に有名な曲なんですが.....だからこそ、彼女じゃない方が良かったと、あたしは思ってしまった。
あのスーザンボイルが有名になったオーディションで歌った歌でもあるんですが、最大の見せ場だと思います。この作品の。
それを彼女に任せたのは、個人的には微妙だと。
ちなみにですが、以下URLはレミゼラブルミュージカル10周年でのその見せ場の歌ですが、
この歌唱力、この声....
そうですね、声だけは天からのギフトですから、何も言えないけど、
この歌に泣けるにはこの声が必要だったかと....
http://www.youtube.com/watch?v=PHNSFOBJaH0
(変なサイトには飛ばないのでご安心を笑)
耳を澄ましても表情が見える。
それが素晴らしさだと。
一歩も動かず、それでも、聞く人の心を揺るがす....まぁ、本物のミュージカル歌手には勝てませんが、
本物はこれだとわかっていてほしい。

アマンダ・サイフリッド、高音は出てますが、どっちかというと、幼少時代のコゼット役の子の歌のうまさに負けましたね。あれはね、苦笑するくらいうまい笑

エディ・レッドメイン、何故彼なのか.....何百回自問自答してもわからん笑 顔?普通....笑 まぁ、演技力が申し訳ないが、他の役者から劣っているのがどうしようもなく伝わってしまった。

ヘレナ・ボナム=カーター、もう言う事ない笑 基本的には昨今の”英国王のスピーチ”で久々に普通のメイクで真面目に演技してるなと思ったんだが.....まぁ、この配役は文句の付けようがない。
彼女の登場シーンで全て持ってかれてるから笑

何度も言いますが、あくまでも映画ですので、その歌唱力に対してうんたらいい過ぎるのは良くないんだが....
ただ一人、映画観てて抜群に上手いと思ったんです。
成長した後のエポニーヌ役、サマンサ・バークス。
ちょっとあまりに低音、高音、抜かりどころのない歌い方で、歌だけで言えば、彼女が目立ち過ぎた。
そりゃそうですね...
実際舞台でこの役をやっているミュージカル女優でした、やっぱり.....
しかもミュージカル25周年の記念式の舞台でこの役で歌っているので、そうですね、そりゃ....
しっくりくるはずだわ....笑
以下URLはYOU TUBEからの彼女の歌声です。
http://www.youtube.com/watch?v=8nrgnDDmRt0
だからさ...ここでプロ使ったら他の下手さ際立つじゃん.....爆
ただ個人的には、彼女の見せ場(これもこの演目で有名な曲ですが)は最高に良かった。

まぁ、ミュージカルと映画と、またね、構成視点は違うんですが、
配役に関しては、恐らく、ミュージカル映画というのは最も満点は出にくいジャンルかと思います。

内容、最後に触れていきますが、
まぁ、25年のロングランですから、内容はその時点で安パイなんです。
ただね、小説は読んでないですが、
小説の方がどうやら、その心は、その糸は複雑なようですね。
削って削ってのミュージカル、映画脚本だと思うので、尺とかの都合で原作をはしょるのは仕方ないんですが、
もっと小説は、主人公ジャン・バルジャンの心の動きは面白そうですね。

基本的には今作はハッピーエンドです。(あ、言っちゃった笑)
が、きっと原作が伝えたかった、孤独と、愛と、信仰と。
人の心の醜さと、葛藤と、理想と、そういう狭間で揺れ動く人間らしさ。
そういうものが非常にやんわりなっているんだと。
原作はその辺はちょっと露骨なのかもしれない(良い意味で)

ただ原作も、ミュージカルも、映画も、全てにおいて共通する心は、
人は何かの為に生きれるのだと。
その何かを、守りたくて、必死だと。
自分の為じゃない、人は、誰かの、何かの為に、活きる。

映画として158分、まぁ、妥当かと。これ以上は省けないという意味で妥当かと。
カメラワークも、舞台感を若干残す部分もあってよく出来ていたと。(上から〜笑)
一見の価値はあります。
そう思います。

"レミゼラブル”公式HP
http://www.lesmiserables-movie.jp
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:映画

<DVD>ヘルタースケルター 毒舌入ってますがご容赦を笑 [cinema]

個人的に映画が好きで、
個人的に書きなぐっているブログなので、
そんなに気にもしていないんだが。

一応管理者が自分のブログがどの程度読まれているのか、
そういうのが数字で見えてしまうという素敵な機能をお持ちなんです、So-netブログって。

その数字を「あ〜、この文章いまいちだったか....」とかの自己反省に使う訳ではなく、
このブログの記事の題名は全て映画の題名そのままなので、
アクセス数は皆のその映画に対する関心度だと、
そういう捉え方をしているんだけど。

商売のように売り込んで見てもらってる訳でもないので、
まぁ、一つの記事に対して大体3桁くらいのアクセス数なんだけど、
まさかでアクセス数が4桁を軽く超えている記事があった。

”Millennium(ミレニアム3部作)ネタバレありな上に長い(笑)”
http://mysister.blog.so-net.ne.jp/2012-02-23-1

あ、うん、そんなに色んな人に読んでもらえてまぢ有り難いんですけど....
あ、うん、でも.... ここに書いてるのって映画館で観た映画でさ....
あ、でも、たった一回DVDに対して書いた記事が......

まさかの一位かい..............ドーーーーーーーーーーン

なんででしょ.... まぢなんででしょ..... なんでしょ...... 誰か宣伝しましたか!?爆

アクセス数は嬉しいが、毎回新しい映画に対して書いているあたしのこの情熱が、
ボキッと折られてる感じなのは....
当の本人のあたしくらいですかね?爆
まぁ.... いいか..... そだ、本線に戻そう......

とかいってこれもDVDに関する記事なんだがね...爆

邦画は基本観ません、映画館で。
正直個人的には映画の料金に観る価値が比例しないのが邦画9割だと思っているので。
というか、大きいスクリーンが必要な映画、そういう類いが少ない。
上に、やはりいちいち、わざわざサブタイトル(和訳)を外注出して、その手間を付けてる海外映画と同じ鑑賞料金っていうのもどうかと思うんだよね、個人的に...

ケチですか?あたし。
ああ、ケチですよ。笑
でも、思わない? 邦画なんて仕上がったらそのままオンエアー出来ちゃうのにね。
邦画割引ってないのかね?

実際のところ、洋画の方がなんか売れてる気がしがちですが、 日本国内での収益トップ25ってこんな感じですよ。
1 58.1 テルマエ・ロマエ
2 46.2 BRAVE HEARTS 海猿
3 35.6 映画ドラえもん のび太と奇跡の島〜アニマルアドベンチャー〜
4 34.0 ALWAYS 三丁目の夕日'64
5 32.9 名探偵コナン 11人目のストライカー
6 31.0 メン・イン・ブラック3
7 29.3 アメイジング・スパイダーマン
8 23.2 僕等がいた
9 23.1 SPEC~天~
10 21.6 ダーク・シャドウ
11 21.2 ポケットモンスター ベストウィッシュ キュレムVS聖剣士 ケルディオ
12 20.0 ライアーゲーム -再生-
13 18.4 シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム
14 17.8 ホタルノヒカリ
15 17.7 TIME/タイム
16 16.6 スノーホワイト
17 16.3 麒麟の翼 〜劇場版・新参者〜
18 16.2 僕等がいた 後篇
19 16.2 おおかみこどもの雨と雪
20 15.1 宇宙兄弟
21 15.1 仮面ライダー×スーパー戦隊 スーパーヒーロー大戦
22 15.0 へルタースケルター
23 14.3 バトルシップ
24 13.6 貞子 3D
25 12.4 ドラゴン・タトゥーの女
(ランキングじゃない数字は興収、ちなみに単位は億円)

25本中洋画10本に満たない....
かつ、”ドラゴン・タトゥーの女”なんてまさかで”貞子3D"に負けてるしね....
知ってましたか?これが現状だって言うこと。
だったらさー、邦画もうちょっと1500円とかに値下げすれば良いじゃねーか....
と思うのはあたしだけですかね?はて?

トップ25にもランクインしてますが、 観ようと思ったんです。
映画館で。
でも、ついぞ予定が合わずに行けなくて、
あ、でもDVDレンタル登録してるサイトだと届くの遅いし、
しかもまだ借りてるやつ見終えてないし....

借りちゃったよiTunesで....しかも500円で(iTunesにしては高め)....
そして見終えた今....

その500円後悔中......

マック買った方がましだったんじゃねーかな....ってくらい絶賛後悔中.....

そうです、エリカ様ご無沙汰の映画となりましたこちらですよ、
"ヘルタースケルター”
N0039503_l.jpg
ちなみにヘルタースケルターとは、立派な英語です。
ジャパニーズイングリッシュではなくね。
Helter-skelter  狼狽(ろうばい)、混乱の意味。
関係ないですが、英国ではぐるぐるの滑り台をさすそうです。
そうですね、海外に住んでも多分一生使わないで人生はやり過ごせそうな単語です。笑

まぁ、そうですね、混乱とかね、題名付けても微妙だしね、まぁ、良いですね、この題名ね。
人生で知っても何の役にも立たない単語ですけどね....笑

原作岡崎京子の漫画です。
最近はこんなこと自分から言いませんが、 あたし漫画2000冊以上持ってます。
最近ので全巻揃ってるのはもうワンピースくらいですが、
小学校から集めてまして、その数多分2000冊は軽く超えますね。
ええ、おたくですけどなにか?笑

岡崎京子のものも何冊かそもそも持ってまして、
絵がね、上手いとは思わない、正直。
でも、さすがに下手でもない。
ただ、この人のは奇抜で面白い。
その中でも”ヘルタースケルター”はダントツで、面白い。
1996年連載終了、手塚治虫賞貰ってます。
まぁ、手塚治虫とはかけ離れた世界観ですけどね....笑

原作を先に読んだんです。
漫画だし、あたし漫画読むの10分かからないので。
(ええ、漫画家泣かせですが、何度も読む質ですので)
漫画のね、紙を超えて来るそのヤバさが好きで、
ええ、期待しましたよ。かなり。映画にも。

そうですねー、このくだりからいくと....ええ、結果その期待惨敗です....

これをー、いうのはー、なしかもしれんがー.......

日本の演技力の低さはなんですかね?

違う違う、全ての役者を否定してはいないよ。
ただ、どうでしょう....
海外って役者って、結構演劇学校出てたり、舞台上がりだったり。
まぁ、昨今はモデル上がりの知名度だけ先行パターンも多いですが、
そういう方々は、そうですね、演技の仕上がりからも、まぁ、その実力は速攻わかっちゃいますがね。
でも、基本レベルが高いよね。
それに比べ、ちょっと日本の俳優群の演技力の平均レベルが....ねぇ....
あ、ずばっと言っちゃった方が良いです?

ああ、低いんです(笑)

わかりますよ、今人気ある人を使えば売れるよ。それ簡単よね。
でも、いい作品にはならない。

なんでもそう。 どれだけ良い曲でも、音痴が歌えば名曲になる訳はなく。
どれだけ良い車でも、下手なやつが乗ればエンストしまくる。
(余談だが、昔恵比寿で赤ポルシェが見事にガーデンプレイス前の横断歩道でエンストしててウケた。そんなやつの絶対助手席には乗りたくない。笑)
良い脚本でも、俳優次第で駄作になる。

興収は良かったですね、そもそもこの映画公開にあたって、沢尻エリカ久々の大仕事ってことで、
それで観に行った方も多かったでしょう。

ただ、個人的に、初めて彼女の演技を見ました。
これだけで決めつけるのはどうかと思うけど、
そうですね、多分合ってます。

演技レベル、学芸会並み。

ある意味、すげーよ。笑

あの、パッチギに出てますよね、予告で観ました。
作品自体は観てませんが。

ねぇ、演技力さがってね?

関係ないけど、浜崎あゆみの歌唱力くらい.....さがってね?爆

なんだろ、あの全然しっくり来ない抑揚を付けた話し方は....
え、なんだろ....
まだ棒読みのが....まし.....爆

あたしが若くないというのも大いにあると思うんですが、
美しいと感じる一瞬すらなかったぞ、映画の中で.....

そもそもあの常にレディーガガ並みのメイクがな.....
え、あたしが歳だから?爆

漫画から入ってしまったんで、今作。
あの漫画の中の”陰”と”陽”の、その温度差があと数倍欲しかった....

濡れ場もあります、多分R指定だったと思います。
でも、その濡れ場、こっちは一滴も濡れねーな。
(すいません、大人な文面で。笑)
股開いて、胸見せて、喘いでれば、濡れ場ですかね?
ううん、違うからーーーーーーーーーーーーーーー!

って濡れ場評論家ではないんでこの辺でやめますが......
あんな幼稚な濡れ場は今までどの映画でも観たことないぞ....

約2時間です、映画の尺は。
でも、飽きます。
途中、エリカ様のプロモーション映画かと思った位、同じような場面カットの連続に、
激しく飽きます。
(逆を言えばエリカ好きにはたまらないでしょうけど)

配役が本当残念。
寺島しのぶは、非常に大胆な演技を何処ででもしてますが、
今作に関しては、
ごめんなさい、観てて気持ち悪かった.....
あ、表現が非常に失礼かつ薄い感じですいません。
つまりね、寺島しのぶは基本的に大人な役が多い。
今39で、この役が35なんですけど、なので役と実年齢の差はさほどない。
が、なんだろ、あの人生超えちゃってるよ、的な顔でこの役はないだろって思います。正直。
沢尻エリカ以外、桃井かおりのキャスティングしか知らなかったあたしは、
寺島しのぶを見て、その配役に驚愕したんだけど。

窪塚も友情出演らしいですが、 その友情いりませんでしたね。
唯一よかったのは、メイクアップアーチスト役綾野剛とライバル(?)役水原希子くらいです。
桃井かおりは....かおりです。いつも通りです。笑

映像としても蜷川実花節は出てて、
華やかで鮮やかですが、
基本安い感じです。
お金と手間をちょっと掛け違えてる感満載です。

映画として、興収がいいので、成功だとは思います。
ただ、作品としては駄作です。

そうね、100円レンタルになったころ借りれば良いよ。笑

ヘルタースケルターHP http://hs-movie.com/index.html

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

BOURNE LAGACY(ボーン・レガシー) [cinema]


たまに頂きます。

「映画のブログ楽しみにしてるんだよ!」
(感嘆符は個人的願望で付いてます笑)

ありがとうございまする。
有り難いですね、本当。
単に思いっきり趣味で書いているだけなのに....笑

映画を観るのが好きで。

言葉を書くのが好きで。

一人で書いた言葉は誰にも打ち消されず、そのまま誰かの心に届くと思うから。
良く言えば、邪魔されなき言葉であり、
悪く言えば、一方通行なものだと。

誰かに心を書く度に、
何かに自分の思いを書く度に、
そう思う。

そんな一方的に投げつけた言葉達が、誰かの何かになっているというのを知る事は、
とっても嬉しい事だと、
120%の本心でそう思う。

そんな一方的な言葉の羅列が好きなあたしの弱点は、
自分の書いた本心を、伝えなきゃいけない張本人に、
直接届けられないこと。

なんででしょうね、面と向かって、その瞬間、
どうしてでしょうね、言えなくなる。

言わなきゃ伝わらないと知っていて、
伝えられないのは....

そうですね....



自分、不器用ですから。(高倉健風にどぞ)






シリアスな入り方をして、
おとすというのは常套手段ですよ、皆様(笑)

そんな大好きな言葉の羅列を作る暇も、
映画を映画館に観に行く暇も(正確には先月は観たいものも特になかったが)
ない程めっさ忙しくてね....

あ、でも、年末何本かやっつけに行こうかと目下目論み中ですけどね。

そうですね、いつもながらに長い前置きなのは、
そう、今更アップしてみようと思いつつ、いまいちインパクトに欠ける映画で、
文字数足すための前置きなんだよ。

今回はそういう理由です。笑

大分前に観たのは、
そして現在時点で劇場公開もう終わってるかと思うけど...

はい、こちら"BOURNE LAGACY(ボーン・レガシー)"
bourne_legacy.jpg

まぁ、どう考えても一目瞭然でBOURNEシリーズなのは明々白々なんですけどね、

どうですか?好きですか?BOURNEシリーズ。






はい、応えが聞こえてくる由もなく....
はい、これが一方通行な言葉のいいとこですね(笑)

前作までのBOURNEシリーズ
"ボーン・アイデンティティー"
"ボーン・スプレマシー"
"ボーン・アルティメイタム"
この三部作ですね。
ぶっちゃけ今あたしは"ボーン・アルティメイタム"の最初4分を見て、今DVDが約一か月あたしの部屋のBlu-Rayの機械に放置プレイされてるんですけどね....あはは

見ようとは思います。借りたんですから。
でも、見たいと正直心底は思ってないですね、
だって、このシリーズの良さ、あたしわからない派なので....爆

面白いです...かね.....

なんでしょう、3/4は見終えている今でもなお、いまいち好きになれない....

毎作エンドロールで思うんですよね.....

「で、どした?」

って.....爆


原作小説なんですよ。
読んでないけどね。
まぁ、そういう映画は多いけどね、今。

読んでないから何とも言えませんけどね、
ちょっと言いますけどね、(笑)

映画と小説って違うと思うんだよ。

前もどこかで書いたと思うけど、
小説って、言葉から、自分の中にその世界を作り上げると言う、付録付きなんだよ。

皆、本は単なる文字だと思っているだろうけど、
今流行の付録付きの雑誌より、
すげー無限に広がる付録付きなんだよ。

日本語がネイティブですからね、
その漢字の雰囲気で、その段落の切り方で、
一気に印象が変わる時がある。
そして広がる世界はその文字を読んだ人数だけ、違う世界が広がるんだよ。

凄いよね。

凄いんだよ、それって。

でも、世の中にはきっとそんな無限の世界をもつ言葉達の競演より、
映像で、大概2時間程度で、パツッと終わる映画のが好まれるのかもしれない。
(まぁ、収入額でいけば映画のが上でしょうね、制作費も上だけど...)

ただ、本は文学であり、教養であり、
映画は娯楽なんだよね。

括りが違うんだよ、そもそもね。

だから、違うんだよ、本と映画って。


さー、何が言いたいんでしょうか???笑


つまりね、あたしが何故この作品を映画として評価出来ないかと言うと、
いつも、その動機と目的と達成結果が、ものすげー曖昧。

映画としての括りはアクション・スリラー映画らしいです。
すでにうさん臭い....

でもさ、どれもこれも抽象的なんだよね。

映画って、本と違って、明らかにクリアじゃなきゃいけないところがある。

「今なにをしているのか」
「それは何のためか」
「そしてその先に何を求めるのか」

そこがクリアじゃなきゃいけない。
視覚、聴覚を使うってね、そこで既に文字の羅列と違って、観てる皆に同じ世界しか与えられないんだよ。
なのでね、言葉と違って、ニュアンスを残すのが非常に難しいと思う。

昨今アカデミー賞(2012年)で話題になった、"The Tree of Life"。
あれはあれですげー難しい作品でしたが、
ニュアンス残すならあのくらいいい意味で曖昧に描いた方が良い。
その曖昧さの代償は、一般受けしないってことだけど、
でも、あの作品は質は高かった。

きっとね、このシリーズね、小説ってもっとミステリアスなんだと思う。
そのミステリアスさが2Dになった途端すべて中途半端にうつるのね。
そこですね、このシリーズが微妙だと、あたしが言う由縁は。

なので映画としては、個人的には半端だと思う。
売れましたよ、しかも三作目までは回を重ねるごとに興収あがってるんです。

あたし思います。
三作目見終えてないけど、思います。
きっと皆闇雲なこのシリーズの答えを三作目に求めたんでしょう。

あとは一言で言いますけど.....
マット・デイモンだからです。

....元も子もねー、この理由......笑

今作から前作までと変わりまして、
ジェレミー・レナーが主演です。

結構今一番出てるかもねーって位売れてますね。
良い作品、というより話題作に多く出てます。
余談ですが、映画だと結構小さく見えますが、178cmあるそうです。

でも、なんだろね、売れ過ぎた...

どんな役でもこなせるのがプロです。
でも、しっくりくる役柄ってあるんだよ。
それは歳をとるごとに変わるものだし、なんでもやるのはいいんだが....

アカデミー賞主演男優取れないのは、自分を消せないからでしょうね。

比べるのは心苦しい程レベルは違うけど、
例えキムタクが(例え古いって?気にすんな[黒ハート]笑)
どんなドラマで、どんな役を演じても....

所詮常にキムタクなのさ.....

例えその役柄がすんごいよくても、
所詮皆の会話には

「”○○○”の時のキムタク超よかったよね!」

だよ。
間違いない!笑

そういう印象を最近のジェレミー・レナーには抱いてしまう。
わかってます、俳優も職業です。
仕事しなきゃいけないんだよ。
でも、もう少し、選ぶことが出来るであろう人気のある今、
選んで欲しいと思う。
売れそうな映画ではなく、自分を出せる映画を。

今年41歳ですからね、この先は身体ではなく、演技で、魅せる俳優になっていてもらいたい。


あ、今気付いたんですけど、
今作の感想まだいまいち触れてませんね.....

まぁ、わかるだろ?
いいんだよ、DVDで。笑

その程度です、正直。

前作までもBOURNEシリーズとしても切り離していいだろうし、
てか、そもそもこれBOURNEシリーズっていうブランド名なけりゃ確実に駄作です。
ある意味凄いです、BOURNEという題名だけで全国公開しましたからね。

そうですね、CAHNEL日本限定版発売!って言われて、
でもロゴマークがカタカナで「シャネル」だった時の絶望感は果てしないよね。

え、正規品でもいらねーし!

そう思うよね。
....そんな感じ......苦笑

まぁ、すげー暇って時、見れば良いよ[黒ハート]

HP
http://bourne-legacy.jp
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

The Dark Knight Rises(ダークナイト ライジング) [cinema]

思いっきり観た順序とは逆に記憶の新しい方から感想を上げてますが、何か問題でも?笑

今回はー、
映画の長さについてちょっと書いてみようかとー。笑
世界最長記録をもつ映画は
”The Cure For Insomnia”という映画だそうです。

その時間、なんとも85時間....

いや、丸三日以上....爆

ただの一度しか上映されたことがないそうですが、
その85時間一睡もせず、トイレにも行かず、生き残れたのは....一体何人だったでしょうか....爆

まぁ、なんでもね、世界一となる物はそれなりの敬意を表したいですが、
ていってもねー、85時間は.....
観たことないのでわかりませんが、多分数時間で終われる内容なんじゃないかと....笑

平均は大体2時間程度かと。
エンドロール含めですから、エンドロール除けば2時間切る感じですね。


なぜ2時間なんでしょうね。


答えなんて知りませんが、
人の集中力は20分前後しかもたないと言われてますね。
じゃ、毎日8時間労働してるけど、集中出来てねーじゃん!
とかいうのは他所において....
ま、映画を観るにおいて、終始途切れなく一言も逃さず、そういう人は、ちょっと特殊能力をね、持った方かと思います。
なので、映画も話の波を持って作るんでしょうけど(何でもそうですけどね)
たまにうっかり盛り上がった波の時に眠気が襲撃しますけどね....笑

じゃ、なんでしょう。
トイレですかね?
缶ビール一本持って入って、(500mlね)飲み干したら....
そうね、2時間限界ね笑
そこかも!笑

もしくは、ケツ圧ですかね?
いい映画館、増えました。
よって昔よりいいクッションな座席も増えました。
が、でも、きついよねー、一カ所に2時間は....
もの凄い混んでる映画の時とかむやみに伸びも出来ないし......
あ、でも、今よりいいクッションの座席が出来たら、そのまま優しく眠りの世界へ誘(いざな)われそう....笑

確かに、そうですねー、禁煙2時間限界ですね。
しかも映画観るなんてプライベートなんだし。
プライベートで長時間耐えるべき時は、飛行機か電車くらいだと個人に認識してます。

あ、それとも、あれですか?
好きでもない人と映画観にいって、2時間会話しなくていいからーと思ってたら手繋がれて、
すげーやだけど、
頑張って耐えてやる!
その限界が2時間ですかね.....笑
(実際個人的には2時間耐えれませんけどね、その状況)

理由はあると思うんですけど、どっかに。
確かに映画を観ていて、
感覚的に「長いなー」って思う境界線は2時間だと思うんです。

アニメとか子供向けの映画って少し短め1時間半が妥当ですね、今。
でも、長い映画だと3時間超えますね。
そうです、”ロード・オブ・ザ・リング”....
一作目でまさかの3時間....

あたしの心はもろくも折れ、続編観てません....アハハ

映画の鑑賞料日本は一般的には1800円と高いので、
長い映画だと「もと取れたー!」って気持ちになりますかね?笑

それでも、あたしは三時間はご免ですけど....

映画の長さに不服を言ってますが、
そうですね、あたしの前置きも十分長いですけどね笑

そう、こんな話を書いたという事は.....

長かったんです......

これ.....

"The Dark Knight Rises(ダークナイト ライジング)"
CLB9100Z.jpg

165分......

知らずに入ってしまったよーーーーー爆
(缶ビール持って....)

ポスターでわかるかと思いますが、
明らかにバッドマンシリーズ最新作です。笑

バッドマンシリーズは好きですが、
多分全部は制覇してないんですが....(たまたまね笑)

相変わらずー.....暗いよねー笑

この闇がいいんですけどね。

全体的に非常にどこでも評価はいい作品ですが、
このバッドマンシリーズの中で傑作って程でもないですね。

ま、長いのよ。まずそこ。明らかにせめて2時間半以下では抑えられたかなと思うほど、
若干スピード遅いです。

ひねりの部分は、ありがちな(ありがちだけど推測出来る程頭良くないけどね、あたし笑)
ストーリーも極めて普通です。笑

普通なんですが、まぁ、アベレージは高い作品です。
けど、ちょっと今までのバッドマンシリーズとやはり比較をしてしまうよね、
こういうシリーズものは。

その中で、今作あまり悪役にユニークさがなかったかと思う。
まぁ、見た目はユニークよ。確かに。
でも、過去の悪役のような、常軌を逸する感じではない。
そこがとっても残念。

どのシリーズもやはりいつもいう通り一作目ってとっても素晴らしい。
(もしくはインパクトがある)
故に続く続編なのだから。

バッドマンと名が付くシリーズは現状10作、
ただ今のようなハリウッド的なシリーズ映画になったのは1989年の
ティム・バートン監督、まさかのジョニー・ディップではなく、マイケル・キートン主役(笑)の作品。

個人的にだけど、どうしてもこの作品の印象が強くて....
ま、悪役のジャック・ニコルソンが上手すぎるって話もあるんだがね....
その後もこのシリーズの見所はその時代のトップが悪役をするという点だったと思うが、
そうね、今回トム・ハーディ....無名では勿論ないが、どう?知ってた?名前まで知ってた?って印象の俳優だと思う。

007、スパイダーマンにしてもそうなんだけど、
主役俳優が途中で変わるのよね。
それは仕方ない。だって歳をとるからね、俳優も。
でも、最初観たものが、結構いいと思ってしまうのが人の心理だと思う。
いや、無理よマイケル・キートンもう61だし....
無理なんだけど、主役俳優が結構ころころバッドマンは変わって、
クリスチャン・ベールはこれ通算三作目。
その前なんて、ヴァル・キルマー、ジョージ・クルーニーと毎回変わったからねー.....
でもあたしの中でバッドマンはいまだマイケル・キートン笑
余談だが、クリスチャン・ベールはどうにもトム・クルーズに見えるんだよ....毎回....
一作目への肩入れではないが、
全体的に弱い印象だった今作。

ちょっと残念。

クリストファー・ノーランでの三部作終結ですけど、
満点での終わり方ではなかったな....

前作”ダークナイト”が多分とても良かった。
(そういう印象が脳裏にある)
に比べて今回は.....正直出だしから個人的には微妙だなと。
ちなみに前作はバッドマンシリーズでも一番の利益(二位の2倍の利益)を上げているしね。
若干期待し過ぎました。
そして期待させるようなキャッチコピーにあおられました....アハハ

ちなみに今作キャッチコポーこちら。
「ダークナイト3部作、終幕 そして伝説へ――
伝説が 終わる
伝説が、壮絶に、終わる。
ついに、一線を、越える。
一線を越えた 最期の戦い。」

いや、期待するだろ、普通に.....爆

まぁ、内容は普通なんだが、
相変わらず乗ってみたくなるけどね、あのバイクは....笑

俳優群、
今回少し個性が足りなかったかと思いますが、
マリオン・コティヤールはいいですね(完全主観ですが)
マリオン・コティヤールの作品は最近ほぼ観てますが、
いいです、とても笑
大人の魅力ですね(歳近いけどー笑)
ただ今作に合っていたかは微妙だがね。

アン・ハサウェイ、キャットウーマンです。
ここ最近出てますねー、色んな映画。
そしてものによっては結構脱いでますねー....笑
(ちなみに”ラブ&ドラッグ”でそちら楽しめます笑)
悪の強めの役柄を昨今多いですが、
ちょっと出過ぎてて毎回役作り間に合ってない感がありますね....苦笑
あ、スタイルはいいです。もうちょっと肉欲しいけど....笑

ヒーローとは不屈の精神で。
常にそれをあたし達は期待し、その期待にもがきながらも応えるヒーローがいる。

傑作とは言えませんが、
バッドマン三部作、二作目まで見たなら見ろよって思います。笑

あ、DVDでも、いいです。個人的に。笑

nice!(2)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。